NAYAN

所用で行った病院の待合室にそれはありました。
画像
NAYANの暖炉。

外にはこんなに整然と並べられた薪。
画像
今まで暖炉というものにそれほど憧れたことはなかったのですが、この病院の先生のご自宅にも同じメーカーの暖炉があり、それが良かったから病院の待合室にも取り付けたとお話を聞き、一気に興味が沸きました。
いつかはNAYAN・・・いつになるのか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ばく
2012年09月16日 03:18
素敵ですよね。我が家も暖炉を復活させてこのタイプのストーブを入れたいねと画策していますが、やはり、いつになることか(~_~;)
コトリコトン
2012年09月17日 12:07
いやー、、、naraさん、、、この手の記事は、、、


うちのに、また火をつけさせるというか、、、


忘れてたことを甦えさせるというか、、、

may
2012年09月19日 23:19
村の家には薪ストーブを設置する場所と煙突はすでに出来ているのですが、まだ本体まで手が届かず…今それを目標に頑張って仕事に励んでいます~
nara
2012年09月23日 22:33
ばくさん
お返事がすっかり遅くなってしまいました。
子供の頃は、こんなにオシャレじゃないけど、いつも薪ストーブは身近にあって、その頃は火を熾すのが面倒だとか薪を持ってくるのが面倒だとか、そんな思いしかなかったのですが、私も年を取った証拠でしょうか(笑)。
ばくさんの策略が成就することお祈りしてまーす!
nara
2012年09月23日 22:36
コトリコトンさん
あら、コトンさんもお好きだったのですね。
いっそのこと、リフォームにこちらを追加しては?
冬になるとここは暖炉で暖を取るんだそうです。絶対その柔らかな暖かさを体験しにいかなくちゃ!
nara
2012年09月23日 22:40
Mayさんおお家にこの暖炉があったら、さぞ素敵でしょうねぇ。これを期に色々調べてみたら、隣町の都城の金物屋さんが煙突工事一式を請け負って、あちこち(吸収管内)を駆け回っているようです。南国ですけど、冬はそれなりに寒いし、こんなに需要があるということも実は驚きだったのですが、Mayさんのお家にも早くやって来てくれるといいですね。お仕事ガンバレ!