N家の優雅な生活

アクセスカウンタ

zoom RSS 退院いたしました!

<<   作成日時 : 2011/09/28 23:22   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 4

一昨日の26日、福助無事に退院いたしました。

箱入り息子の福ちゃんには2泊3日の入院はかなりダメージが大きく、「元気に」とは言いがたい帰宅でしたが、2日経った本日、だいぶいつもの福ちゃんに戻りつつあります。
ご心配してくださった皆様、ありがとうございました。

福ちゃんの膀胱炎は、ストロバイト結晶とシュウ酸カルシウムの混合型の猫泌尿器症候群でした。
私の希望というか願いとしては一過性の膀胱炎だったのですが、↑の膀胱炎となると恐らく生涯付き合っていかねばならないでしょう。
原因としては、体質的なものやフードの影響が考えられますが、フード選びにはそれなりにこだわっていただけに、非常に残念でなりません。
猫の膀胱炎は、先代の猫たちで経験済みではあったのですが、一度かかると再発しやすくなるというか、完治が難しい病気だと認識しています。

入院中は、とにかく点滴で強制的に尿を出させる=膀胱を洗い流す。で、目視で潜血が見られなくなったので、2泊3日で退院となったわけですが、帰宅してからが実は大変でした。
点滴で体内に入れられた補液は、尿として排出されはしたのですが、退院した時点ではまだまだたっぷりと体内に残っていて、でも膀胱の炎症はまだ治まっていないわけで、尿意が鈍くなっていたんでしょうね。
常にポタポタと垂れてる状態なんです。
元気もないし、動きも鈍いし、家中、行くところ全てに福ちゃんのおしりスタンプで、横になればそこに大きな水溜りが・・・。
でも、今日ばかりはとにかく好きなようにさせておこうということで、一昨日の夜は、福ちゃんの香りに包まれて眠りについたのでした。(私たちの布団にもいくつものお印がつきました・・・。)
で、それは洗えばどうにかなるとして、一番困ったのが薬が飲んでくれないこと。
粉の抗生剤を処方されたので、水で溶いたり、好きなヨーグルトに混ぜたり、はちみつに混ぜたりと色々手を尽くしてみたけれど、口に入れた途端に、それまで食べたフードまで全て吐き出す始末・・・。
食欲もない中、やっと食べた療養食を全部吐き出されるのは非常にまずいし、かといって今の状態で薬を飲ませないわけにはいかないし、ほとほと困って、今日ふたたび病院へ。
薬は不可能だと言い張り(笑)、毎日通院するということで注射に変更してもらいました。
サンポなら、多少不味い薬でも、大好きなパンにでも包めば喜んで食べてくれるのに、こういう場合は猫は非常に難しいです・・・。

まだ頻尿が続いてはいますが、今日はだいぶ気分も宜しいようで、動きも出てきましたヨ。
画像


明日はnaraoと一緒にまたお注射に行きますヨ。
画像
ご心配おかけいたしましたが、少しずつ元気になっていますので、ご心配なく。
福ちゃんにはもうしばらく頑張ってもらわなくちゃね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
退院できてよかったですね。
でも、まだ大変そう。
頑張って治療して少しでもよくならないとね!
ガンバレ^^
タフィー104
2011/09/30 08:36
良かった。はやく元気な福ちゃんにもどりますように。naraちゃんも体調壊さないように、無理しませんように。
may
URL
2011/09/30 23:57
タフィー104さん
お返事がだいぶ遅れてしまって申し訳ありません。
今回の膀胱炎は非常にしつこくて、あれから毎日注射に通い、やっとこさ潜血反応がマイナスになって、昨日で注射終了しました。
ただ、まだまだ頻尿傾向にあるので、服薬はもうしばらく続けますが、取り合えず本猫は非常に元気にもなりましたので、一安心しています。応援ありがとうございます。
nara
2011/10/09 00:58
mayさん
お返事随分と遅れちゃって、ご無沙汰もしてまして、スミマセン!
福ちゃんはおかげさまで昨日でやっとこさ注射終了しました。ワンコと違って薬を飲ませるのも一苦労してますが、錠剤を無理やり飲ませるワザ取得いたしましたので、今後は自宅での服薬治療に入ります。
私のことまでご心配してくださってありがとうございます。
nara
2011/10/09 01:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
退院いたしました! N家の優雅な生活/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる